• 比叡山・西塔&横川~琵琶湖大橋⑨
    椿堂から浄土院へ行く道は誰もいない道でした。樹木は高く静かな小道でした。こんな道を阿闍梨は千日回峰行をするのかと、ちょうど道が広まった所で高帚を持った公人[僧形でないので、クニン???]の人に聞いてみました。「いや、違います。もっと下の方の道ですよ。」と教えてくれました。    【浄土院への道】    【中西梧堂の歌碑】中西梧堂は比叡のここに籠って鳥を観察していたかと、初めて知りました。若い頃、彼の著... 続きを読む
  • 京都~比叡山Driveway~東塔&西塔⑧
        【嵐山・千光寺からの東山連峰の眺望】    【東山連峰の地質断面図】※『京都の地学図鑑』(京都地学会編)より。(京都府の地質の案内書きには、類似した図をよく散見。)    【北白川~皇子山Golf場のHornfers】※『新京都五億年の旅』(地団研京都支部編)より。この三つの絵を見ると、地名が保津川・大堰川・桂川等のようにゴチャゴチャしている。東山連峰は広義では比叡までを、狭義では大文字山までを呼称している... 続きを読む
  • 渡月橋~嵐山大悲閣千光寺へ⑦
    我Blogを訪問していただいた皆さん、    Ein glückliches neues Jahr!(Happy New Year!)     【京都の宿『花の家』】※この宿は角倉[スミクラ]了以の邸宅跡の一つである。宿内には古い骨董品や書画がいろいろとある。    【切支丹灯籠(織部灯籠)】     ※切支丹灯籠と言われているが、下部に彫られている像は隠れキリシタンのMaria像ではないか???と言われている。何故茶道の大家・古田織部の灯篭と名がある... 続きを読む
  • 奈良~石清水八幡宮~京都へ⑥
    『青丹よし寧楽(なら)の都は咲く花のにはふがごとくいま盛りなり』 (小野老)(香具山の屍を見て、悲慟して作れる歌)『草枕旅のやどりに誰が夫か国忘れたる家またまくに』(柿本人麻呂)前歌は都を離れて、都を懐かしんでいる貴族の歌で、後歌は造都のために駆り出された農民の姿である。藤原京にしろ平城京にしろ、遠方からも駆り出されて、労役が終了しても食料も乏しく行倒れになった農民達の屍が都のあちこちに存在した。佐... 続きを読む
  • 大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳❓)~誉田御廟山古墳(応神天皇陵古墳❓)~奈良⑤
    「ここに天皇、高き山に登り四方の国を見て詔らさく、『国の中に烟発たず、国、皆貧窮し。故、今より三年に至るまで悉く人民の課役を除け。』」(古事記)という文に高校時代に接したことがある。授業で世界史S先生が「仁徳天皇は百姓が食えない程、税を取立てていたことを書いてあるわけですね。」と言った。S先生は戦時中朝鮮・満州で陸軍騎兵隊に所属し移動していた人で、しかも敬虔なChristianであった。(朝鮮で戦車隊に所属... 続きを読む
  • 飛鳥~奈良『Hotel Ligare春日野』④
    長谷寺を後にして、奈良の『Hotel Ligare(リガーレ)春日野』へ向かった。大和三山が見えるこの道はもう何回Driveしたことか!5月8日(月)には天香具山に上った。     【Mi.15.Feb.'17.の天香具山】    【Mo.8.Mai.'17.の甘樫丘からの畝傍山(左) と耳成山(右)】 三輪山には出雲神の大国主神(≒大物主神)が主神として宿っているらしい。したがって山そのものが神体?だから、本殿はない。何故出雲の神が大和の... 続きを読む
  • 長谷寺~(奈良)③
    趣がある門前町から長谷寺に入ったのではなく、北側の県道28号線で下って来て、境内駐車場があったので、そこに車を駐車した。駐車料500円、これには税金が掛かるのだろうか?それに入山料(拝観料)500円が取られが、これは税の対象にはならない。これだけの寺院規模であるから高い方ではないが…。私のように仏を拝みに来ているのではなくて、文化財を観に来ているのに、何故消費税ぐらい取らないのか?東大寺や清水寺等に拝観では... 続きを読む
  • 津・石水博物館~(長谷寺)②
    津の宿”Hotel Plaza洞津”を遅く出て、津市の名物?を何か一つか見ようと考えて、『石水博物館』に寄った。宿でこの博物館についてのLeafletを見たからだ。全く知識がなかったが、『伊勢商人川喜多家と江戸』という企画展がOpenしていたので少し興味を持った。大きな静かな池近くの森の中にあった。江戸庶民の間では『近江泥棒、伊勢乞食』とか『江戸名物は伊勢屋、稲荷に犬の糞』とか言われていたそうだが(他人他国排除の論理)、ま... 続きを読む
  • 東海道関宿~津~(長谷寺)~①
    8月28(月)~9月1日(金)まで、4泊5日のDriveをして来ました。宿泊場所・津と奈良と京都です。(老いぼれだから、奈良まで直接行かず、津に泊まりました。)一番の目的は大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳❓❓)と誉田御廟山古墳(応神天皇陵古墳❓)の見学です。朝早く出て、第2東名にのり、朝飯に駿河湾沼津SAで名物の桜エビかき揚げうどんを食べ、した走りました。Coffee Timeで長篠・設楽原PAに入ったら、ここに信長の本... 続きを読む

Jedentag≒Sonntag(毎日≒日曜)

Bohken-Dankichi

Author:Bohken-Dankichi
Sarajevoに知合いを訪ねました。背景画像は彼がSecond HouseでBBQをやってくれた時に参加した美女達です。
DeutschlandのMärchenstraßeを旅している時(10年ぐらい前)のDB内の写真です。多分Sommerkurs(Summer Course)かSommercamp(Summer Camp)へ出かける途中だったのでしょう。とても可愛い中学生(Mittelschüle)達でした。