偽タモリ的三ツ峠付近のGeo Sight見学②…丹沢衝突期のTrough充填堆積物


    【4月5日の箱根・乙女峠からの富士山】  















3&4月に富士の東側に何度も出かけているが、富士山がよく見えたのはこの日ぐらいでした。
道路わきに立っている人々は、みんな外人でした。

    【大磯町・鷹取山】























    【相模湖・石老山】























    【大月市・岩殿山】































鷹取山・石老山・岩殿山の写真を掲載したわけは下の地質図を見てください。
すべてだいたい同時代(約700Mya)丹沢火山島(丹沢地塊)衝突前Troughに堆積した砂礫で形成されているからです。
もちろん三つ峠山も同じです。

三つ峠山がある西桂町NHK大河Dramで悪役に仕立てられた小山田信茂の領地でもあり、岩戸殿山小山田氏の出城でした。

    【丹沢山塊を半円形で取巻くTrough充填堆積物】










 
    【三つ峠山付近の地質図①】


































    【三つ峠山付近の地質図②】


閑があったら、拡大できるので、上記の地質図を比べてください。
地質学者の主張や意図で多少違っています。

さて次には平面ではなくて断面の地質構造です。

    【三つ峠山の地質構造】

























    【三つ峠山の柱状概略図】





































上記の二つの資料は今から30数年前のものであるので、Plate Tectonics理論で説明はされていません。(倭国では『地向斜造山運動』理論がさかんであったから。)
付加体とかTrough充填堆積物などという概念を抜きに地質調査が行われていたようです。
三つ峠山の山頂付近河口累層円礫岩層で顕著だそうです。
要するに西桂層群と同様な円礫岩層です。(W.Smithの『地層累重の法則』の法則に則っていません。)
桂川断層を境界にして、河口累層隆起して、西桂層沈降をしていったと解釈するわけです。
地質構造では古い河口累層小沼累層に新しい西桂層群が挟まれているように見えるのです。

丹沢山塊付加体&Trough充填堆積物を説明するのに適している図をFC2-Blogのトンボ自然史研究所から借りて説明します。

    【東北日本弧(北米Plate)に衝突する島弧の模式図】















東北日本弧Fossa Magna地帯に何回も島弧&Trough充填堆積物が衝突している姿を現しています。
三つ峠山(御坂地塊)藤野木-愛川構造線の南に存在し、付加体&
Trough充填堆積物として存在しているのです。

    【伊豆-小笠原弧の多重衝突Tectonics模式図】
Troug
h充填堆積
付加体
地塊North 
American Plateに押し付けられ、褶曲逆断層衝上断層によってもみくちゃにされて、付加
Complex(複合岩類)の様相を呈しています。

鷹取山・石老山・岩殿山・三つ峠山の地質は藤野木-愛川構造線というかってのPlate境界面衝突火山島Trouhg充填堆積物を見ていることになります。

さらに丹沢火山島衝突して、藤野木-愛川構造線Plate境界Jumpして、国府津-松田断層帯になっています。

現在では丹沢Block伊豆火山島衝突して半島になっており、新たな
Plate境界として伊豆半島の南に何十万年後には
Jumpするのでしょう。






    【島弧-伊豆・小笠原弧の多重衝突地質図の概略】









































                              das Ende


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(16)
No title
ダチョウが、震災後野生。それを殺しに行かなくてはならない、哀しすぎます。
被災した、孤児になった動物たちが哀れでなりません。
なんと罪深い自民党でしょうか。関東にはあまり行きたくないのですが。放射能は目に見えないから。帰宅すると即洗髪したくなりました。
ホテルの食品には熊本産、青森産などと書いてありました…

hitomi

2019/05/26 07:52 URL 編集返信

No title
大山古墳でいいのに、考古学者がそう言うのでその呼び名になってるはずがまた仁徳などと。
土居さんそうでしょう、いつまでも可愛くてうまい、やさしいでしょう。

hitomi

2019/05/19 06:21 URL 編集返信

No title
> mimiさん
本当にいろいろありがとうございます。
高市・百舌鳥古墳群が世界遺産になりそうですね。
でも仁徳天皇・応神天皇領という名前では…。
被葬者は分かっていないのにっと思いました。
後からこじつけにつけた名称ですから、大山古墳と誉田御廟山古墳で良いのに…。
昔古田武彦が宮内庁にこれ等の古墳を調査させるように宮内庁に嘆願書出したことを思い出しました。
またそれより古い纏向古墳群を世界遺産に入れなかったのでしょうかね。

Bohken-Dankichi

2019/05/14 21:34 URL 編集返信

No title
> hitomiさん
『マンザナわが町』を見た後、彼女にRoommateが直ぐにMailしたそうです。
「声をかけていただければよかったのに…。」と言われたそうです。
全く50代後半には見えない若々しさで、とても気さくな優しい人だそうです。

Bohken-Dankichi

2019/05/14 21:09 URL 編集返信

No title
> mimiさん
「神功皇后の事績が遠く大陸まで勇名を馳せ知れ渡っていたので、九州南部の熊襲等の類がその名をかたって、魏に朝貢したのである。」というようなことです。
一応日本書紀には神功皇后が卑弥呼が同時代と生きていたことになるので、江戸時代まで、神功皇后が卑弥呼として考えられていました。
いずれにしても松下見林・新井白石・本居宣長等の解釈が明治まで続き、東大九州説、京大大和説へと発展していったようです。
私も勉強していないのですが、本居宣長と水戸学は同じ皇学史観で、あまり仲は良くなかったが、持ちつ持たれつ、松陰まで受け継がれていったようです。
邪馬壹国のレジュメ、待っていますよ。

Bohken-Dankichi

2019/05/07 10:01 URL 編集返信

No title
> Westfaliaさん

TVをろくろく見ていないのに金を支払うなんて…。
私の家のTVはBSが見れないのです。
でもこの番組は地上波でもやっていたものでしょう。
Talenntの千葉県にこだわっていたやつではないですか?
かなり大胆な仮説を展開していましたね。

NHKから国民を守るとかいうGroupがかなり当選していましたね。
私は31日・1日の大騒ぎ、TVを全く見ませんでした。
特にNHKの21時からNewsはとんでもない奴がやっているようですね。

Bohken-Dankichi

2019/05/04 11:45 URL 編集返信

No title
> 1082001(紫音)さん
私の目の病について心配くださって、ありがとうございます。
手術は6月です。
今は普段通りで、車も運転しています。
でも昔よりかなり視力が落ちていることは確実です。

古来富士登山はやはり修験者などが登っていて、一般下級人民?は江戸の中期頃から盛んになった富士講のお陰で、庶民が登り始めたらしいですね。
おっしゃる通り、1707年の宝永プリニー式噴火以降でしょうね。
今秦野市では、その時の火山噴出物を掘り返して、被害の状況などを調べているようです。

Bohken-Dankichi

2019/05/04 10:55 URL 編集返信

No title
> mimiさん
藤間生大(トウマセイタ)というMaxism歴史学者がいます。
私が彼の本に出合ったのはもう半世紀以上昔の話です。
『埋もれた金印』ー女王卑弥呼と日本の黎明ーという岩波新書のNo.51で、1950年(H25)が初版で、今は絶版です。
副題がー日本国家の成立ーというもので、第二版が1970年で、内容はかなり変わっています。
これも絶版かどうか知りませんが、No. 741です。
私も知らなかったのですが、彼は昨年の12月に105歳で亡くなっていました。
その新書版,もうボロボロですが、持っています。
初めて邪馬台国の本に出合いました。
その中で本居宣長が邪馬台国について言及していることを知ったのです。
「熊襲などのなりしものの、女王(=神功皇后)の御名のもろもろのからくにまで高くかゞやきませるをもて、そのみしといつわりて、私のつかわしたり使なり」という言葉を読んで嫌いになりました。
もっと書くことがありますが字数でダメになりそう…。
でも藤間は宣長を評価しています。

Bohken-Dankichi

2019/05/04 10:26 URL 編集返信

No title
視界が鮮明にられる、そろそろ手術の時期と相成りましょぅか…?
どぅぞお大事に

1082001(紫音)

2019/05/04 01:21 URL 編集返信

No title
4月の半ばにNHKBSでジオジャパンの再放送が
ありましたが、その中の中部関東地方の放送が
ためになりました~ホッサマグナや伊豆火山列の
衝突や富士山ができるまで・・・本で読んだ
バラバラの知識が整理されたので良かったです
地上波はダメだけど、BSは良いと思いました~

Westfalia

2019/05/04 01:06 URL 編集返信

No title
富士山岳信仰は、美しさからはじまったわけではございませんね。

富士山が噴火していた1707年までは【遥拝】、
富士登山なんぞ想像だにしなかった江戸市民。

【僅か300年前】のこと…
歴史上からは「おととい」くらいの時間でしょぅ〜。

1082001(紫音)

2019/05/02 19:42 URL 編集返信

No title
> Bohken-Dankichiさん
ほんと、富士山は鑑賞する山で、登るための山ではないと思いました。
日本の富士山美しくて、この山をヴォーリズも好きだったようです。
でも、確かにネトウヨが富士山と桜、日の丸かざして、日本すごいというための象徴にされるのはたまらないです。本居宣長も右翼に利用されているのでしょうか?朝日ににほふ山桜花…。
先日 宣長館にいって来て、大した方だと思いましたが、思想的にはよく知りません。博識のBohken-Dankichiさんはどのように捉えていらっしゃいますか?

mimi

2019/05/02 09:58 URL 編集返信

No title
『富士山に登るバカ登らぬバカ』という言葉があります。
要するに登ることにはあまり意味がないのですよね。
鑑賞する山です。
確かにKonide型の綺麗な山です。
世界にはKonide型の山はたくさんあります。
けれど周囲からもよく見え、緯度の関係で四季の移り変わりを映し出しています。
これを利用してまた頭筋肉の人達が「日本スゴイ」等と桜とともにうすっぺらな事をいうのは止めて欲しいものです。
世界各地には綺麗な自然造営物はたくさんあるのですから。

違った見方はしませんが、富士山にはなぜライチョウやハイマツがないのだろうとか、内部の地質構造はどうなっているのだろうとか、出来上がるまでどんな歴史をたどってきたのだろうかとか、今後どのように変容したり爆発をするのだろうかなどを考えます。
> mimiさん

Bohken-Dankichi

2019/05/02 08:46 URL 編集返信

No title
こんばんは
1番上の富士山の写真がすばらしくきれいですね。
富士山は不思議な山で、富士登山したときよりも、遠目の方が美しい姿で感動します。
御殿場では街中でも神々しい姿が見られるんですが、良いものでしたよ。
地学を学ばれた Bohken-Dankichiさんには、地質も山も私たちとはまた違って見えるのではないでしょうか?
いろんな研究会に入っていらっしゃるのですね。

mimi

2019/05/01 22:13 URL 編集返信

No title
> hitomiさん
Comment、ありがとうございます。
私も年に何回も富士がよく見える所に行くのでが、5回に1回ぐらいしか見ることができません。
午前中にはよく見えてもたいても午後からは見えなくなりますね。
だから富士を見に来る外人は必ずしも見ては帰れないでしょうね。

Bohken-Dankichi

2019/05/01 14:09 URL 編集返信

No title
富士山は不思議、近いとかえってみえない?富士サファリなど、
3月に機内や新幹線から、綺麗に見えました、機内からの時は地上は雨降りでした。

hitomi

2019/05/01 13:36 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

Jedentag≒Sonntag(毎日≒日曜)

Bohken-Dankichi

Author:Bohken-Dankichi
Sarajevoに知合いを訪ねました。背景画像は彼がSecond HouseでBBQをやってくれた時に参加した美女達です。
DeutschlandのMärchenstraßeを旅している時(10年ぐらい前)のDB内の写真です。多分Sommerkurs(Summer Course)かSommercamp(Summer Camp)へ出かける途中だったのでしょう。とても可愛い中学生(Mittelschüle)達でした。