民藝公演『闇にさらわれて』に対する蘊蓄…紀伊国屋Southern Theatre


 【『闇にさらわれて』の時代背景の年表】…
   『アドルフ・ヒトラー』 John Toland 永井淳・訳 (集英社文庫)より


総選挙中の事件である。
「これは神のお導きである。私が信じるように、この火災が共産主義者の仕業であることが判明したあかつきには、恐ろしい殺人鬼を情け容赦なく鉄拳で叩き潰す。障害となるものは、何一つ残されない。」と延焼中にHitler[ヒトラー]は語った。(Daily Expressの特派員の証言)

Nazi[ナチ]幹部Göring[ゲーリング]Göbbels[ゲッペルス]も「共産主義者の犯行だ。」と叫んだそうである。 

以後ゲシュタポ・突撃隊・親衛隊等は共産主義者はもとより社会民主主義者や進歩的な人々を逮捕・監禁・拉致・抹殺等の非合法の手段により、弾圧をした。(大統領緊急令と言う法律を盾に取って…)
10万人以上が弾圧されて、500人以上殺害された。

安倍内閣が憲法改悪で目論んでいる『緊急事態条項』とはこのように悪用しかねない!

麻生太郎副総理兼財務大臣の言:「憲法は、ある日気づいたら、Weimar[ヴァイマール]憲法に変わっていたんだよ。誰も気づかないで変わった。あの手口を学んだらどうかね。」
倭国の現在の権力者達は一生懸命Hitler&Naziを学んで、そのやり口を踏襲しようとしているのでは???

突撃隊のBoss:Röhm[レーム]や数百人の隊員達が、Göbbelsの親衛隊・ゲシュタポのGöring等によって粛清された。
要するに『両雄並び立たず』で国家社会主義の方針についてのNazi内部の覇権争いであった。
これを『長いナイフの夜事件』と言われている。

Göbbels突撃隊員Nazi達がSynagogue[シナゴーグ]焼討ちやJude[ユダヤ人]達を暴行・殺害・強姦等を実行した官製の暴動であった。
これを『砕かれたガラス(水晶)の夜』と言われている。

    【民藝『闇にさらわれて』のあらすじ】


1931年には未だ多少はDeutscnlandは法治国家の体をなしていた。

1933年、Hitler内閣が成立して、総選挙中に国会議事堂放火事件があり、雪崩の様にNazismは進行していった。
この時の混乱で、ハンスは突撃隊に拉致監禁された。

その後、彼は幾つかの収容所に移動させられて、1938年Sachsenhausen[ザックセンハウゼン]強制収容所で、首つり自殺と言う公的死因認定として殺された。


 







    【民藝『闇にさらわれて』のLeaflet】  









































    【観劇前の早い夕飯】

















新宿高島屋地下1F食料品 Gourmet Square、人形町今半のCountter席しかない場所で食べた。
年金生活者の私はMenuの中で一番安いもの、確か1100円の牛丼を食べたが吉野家等の牛丼より上品な味がした。
私にとっては軽食過ぎた。

    【紀伊国屋Southern TheatreのRobby】
























 

















    

    【観客席】














































出演者の劇団員の皆さん、長いセリフをしゃべるのが大変だったでしょう!

夜の部だから、高校生ぐらいの人もいてかなり若者も多かった。
この若者達に真実のNazismの歴史とはどんなものであったかしっかり学んでほしいものである。 
 
    【山下公子(早大教授)&日色ともゑの対談】














今の倭国は1930年代のDeutschland(=die Weimarere Republik=ヴァイマール共和国)に似ている。


権力者の虚言・欺瞞・犯罪等を見逃して、薬にもならない芸能・Sport等にうつつを抜かしているMass Comi.報道(Gas抜きもいい加減にしてもらいたい!)
吉本の芸人をさらし者にするが、政治家が反社会的勢力と飲食を共にしても、写真を撮っても、「反社会勢力とは知らなかった。」と政治家が一度だけ言えば済んでしまう。
訳が分からない金も早急に返せば、後は静かになる。

大臣室で甘利元経済再生担当大臣が企業から100万円以上貰っても、「私の美学として封筒の中身までは確かめなかった。」なんて言ってのけた。
そもそも神聖な(?)大臣室で訳の分からない金を貰うことが彼の美学にそっている訳???

                                  das Ende



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
> hitomiさん
名古屋にも一応『民藝の仲間』と言う連絡先はありますね。
この劇事態は1930年代のNaziの台頭・その権力奪取の進行の歴史を知ることによって、さらに理解でききると思うのです。
麻生の言葉に対して、佐藤優が「麻生は反知性主義者だ。このような人にいくら事実の実証を無駄だ。彼等は独特のプリズムを持っているからうけつけはしない。」というようなことを書いている。
どのように言論で批判しても『馬の耳に念仏』だということですよね。
それには選挙で落とす以外ないのです。

Bohken-Dankichi

2019/07/05 16:26 URL 編集返信

No title
このような芝居が観たいです、ばかな市長で劇場も減り(;´д`)トホホ
「倭国の現在の権力者達は一生懸命Hitler&Naziを学んで、そのやり口を踏襲しようとしてい]ますね。ぞっとします。本気とは。
関東大震災の朝鮮人に対するDema.の震源地は警察、特高、国でしょう、恐ろしい国です。いつもいじめているから報復が恐いから庶民ものって人殺しをやりました。

hitomi

2019/07/05 14:28 URL 編集返信

No title
関東大震災の朝鮮人に対するDema.は震源地はどこなんでしょうか?
特高か憲兵でしょうか???
甘粕憲兵に大杉栄家族は殺されたのですよね。
官製Terrorと同じです。
『令和』を応援していますよ。
Posterを我荒家の垣根にも張り付けています。
社民党にも立憲にも一応かかわりがあるので困ってしまいます。

Bohken-Dankichi

2019/07/05 12:19 URL 編集返信

No title
こんばんは
これはすごいお芝居をご覧になりましたね。
独裁者に実権を握られると人の命も悪への訴えも、簡単に握り潰されることが実感としてわかりました。
日本もabecのせいで、悪は北村滋が握り潰していますね。
関東大震災時のデマで朝鮮人を虐殺したのも似たようなもの、利用し、便乗する輩がいつもいます。
用心深く政府を監視し、デマにも惑わされないよう賢く生きねばなりませんね。
選挙、れいわを応援しています、お友達の間でも話題になさってくださいませ。比例区3番目の太郎さんを、必ずまた国会に送りたいです。

mimi

2019/07/04 20:40 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

Jedentag≒Sonntag(毎日≒日曜)

Bohken-Dankichi

Author:Bohken-Dankichi
Sarajevoに知合いを訪ねました。背景画像は彼がSecond HouseでBBQをやってくれた時に参加した美女達です。
DeutschlandのMärchenstraßeを旅している時(10年ぐらい前)のDB内の写真です。多分Sommerkurs(Summer Course)かSommercamp(Summer Camp)へ出かける途中だったのでしょう。とても可愛い中学生(Mittelschüle)達でした。