旅行…Themaを携えて貧乏旅行をする!!!(Profilの付足し)⇦Yahoo Blogの自己紹介を再掲載 

DeutschlandのMärchen Sträßeで最も美しい街並はHann.Mündenでしょう。

    【Deutschlandの美しい街並Hann.Münden】      
P9260184 (2)   

    【Trendelburgの少女達】
PB080303.jpg


USの占領下の沖縄へ予防注射をしてPassportを持ち、行ったことがあります。US Dollerを使って、那覇の国際通りでΩの時計を大金をはたいて買いました。Restaurantに階級が付いていて、入口にA-B-Cの表示がありました。占領下の倭国本土でも優‐良‐可と付いていました。米軍関係者は『優』の所しか入ってはいけなかったそうです。衛生面がかなり神経質に考えられていたようです。倭国」に上陸したら衛生面に気をつけろ。特にカイチュウと結核には。」と上からのお達しがあったそうです。倭国では畑の野菜に下肥をかけることは当たり前であったので、占領軍はすぐに調布の飛行場に野菜の水耕栽培場を造ったそうです。
 
South Koreaの板門店の休戦Lineから、北朝鮮の兵隊を遠くから垣間見ました。なぜかTour Guideが「ジーパンをはいてはいけません! 労働者の服装になるから。」???と言っていたのが、今でも疑問です。この時のGuideはNorth Koreaについては批判的でした。下士官食堂で昼食でしたが、お世辞にも美味いとは言えませんでした。休戦Lineのあの建物にも入ることができました。金とTrumpが出会った場所も、私もSouth Korea側に立ったので今でもはっきり覚えています。

Sicilia島はMafiaの巣窟と思っていたが、平和的な雰囲気でした。小便臭い横町に入った時、少し頭がおかしいような若者に、顔面近くめがけて回し蹴りをされました。ただの脅かしのようでした。MoroccoのMarrakechの広場でも全く同じような体験をしました。やはり後進的地域なんですね。
    【Vulcano火山】
P3240159 (2)

    【Stlombori火山】
P3260232 (2)

ItaliaのLipari諸島で、一人でVulcano火山に登りました。Stlombori火山(現在は本当に噴火中本当に)に登ろうとしたが、活動していたので登れませんでした。これで実教の教科書『地学ⅠB』のP.25の『噴火のType』のうち四つ見たことになります。この教科書の編者達はいわゆる革新的な(Plate Tectonicsに関しては保守的な?)人達が多いのに、何故この火山噴火Typeを掲載したのでしょうか? Pulini式はPompeiから、Vesuvio火山を眺望したことがあります。

翌年Icelandへ行き、火山周辺をたくさんTrekkingしました。残るHawaii式とPelee式を早く見に行きたいです。ただ西Indies諸島のMartinique島に行けるかどうか…。ギャオの風景に感動した!

北IrelandのOmaghのB&Bに宿泊した翌朝、あるSuper Marketの前を通り過ぎました。翌々日、IRAによってそのSuper が爆破されて、数十人ほどの死者が出ました。でも普段はとても平和な町で、Italiaを旅しているよりずっと安全でした。国境近くで、小銃を持ち武装した2人のUKの兵隊が私達の走っているHired Car(Rent-a-Car)の前に急に飛び出して横断して行ったのには、びっくりしました。国境は道路に幅50㎝ぐらいのかまぼこ型の少し高さをつけてありました。。近くに灯台のような高い監視塔がありました。

Christmasを挟んでEgypt~Sinai半島(Sinai山)~IsraelというCourseで、団体Tourに参加したことがあります。Sinai山にも上りました。牧師もおり、Katholiek信者やProtestant信者がほとんどで、まるで巡礼団で、異様な感じでした。Galilaia湖の船上で、感極まって中年のご婦人が賛美歌を歌い始めました。

    【Anneの降り立った駅】 
PB050178 (2)

Prince Edward島でRent-A-Carを乗り回しました。赤毛のAnneの足跡をたどる旅でしたが、11月なので観光客はほとんどいませんでした。Season中なら、Japaneseがあちこちで見られるのに、全く会いませんでした。大陸側のNew Bruswick州に渡る橋は有料でしたが、帰りは無料でした。ScotlandのSkye島へ渡る時も有料でした。こちらは帰りも金を取られました。でも日本と違って、有料は珍しいですね。

    【五島列島の大曽教会】
P9300336 (2)

青い入り江に静かに佇む教会、磯に海に向き合って建つ教会が五島列島には50棟以上あります。その風景を見ていると、Italiaやどこかの外国へやって来たような錯覚に入り込みます。ある部落の墓地でCruzに写真機を向けていると、年老いた女性が話しかけてきました。いろいろ話し合っているうちに、「近頃は若い者はみんな出て行ってしまいます。私の娘も島から出て行って、異教徒と結婚しました。」という言葉が出てきました。Katholiekでは信者同士が結婚するのが通例ですが、彼女の若い頃には異教徒同士の結婚は許されなかったのかもしれません。

もっとたくさんありますが、次の機会に…。
写真をつけてもっとてねいに説明をしたいですね
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(3)
Bohken-Dankichi
Re: 教会
> 一時教会に凝っていて五島列島の教会の写真集も買いましたが行けずじまいです。

Comment、ありがとうございます。
どこで返信を書いて良いか分かりません!
Mail AddressとかURLを書かなければいけないのでしょうか?
しかもPass Wordとは何で必要なのでしょうか?

福江島よりやはり私は上五島が好きです。
素朴で教会もたくさんあります。
やはり福江島よりずっと過疎地だからでしょうか?
私は倭国列島の中で最も好きな場所の一つです。
民宿では釣って来たばかりの魚を刺身にしてくれました。
長崎空港まで飛んで、長崎か佐世保港まで行き、高速船で2or3時間.ぐらいで行きます。
Rent-a-Carを借りれば島巡りがすぐできます。

長崎と福江島には修学旅行で連れて行きました。

Bohken-Dankichi

2019/08/03 11:03 URL 編集返信

教会
一時教会に凝っていて五島列島の教会の写真集も買いましたが行けずじまいです。

hitomi5235

2019/08/02 16:36 URL 編集返信

No title
「Restaurantに階級が付いていて、入口にA-B-Cの表示がありました。占領下の倭国本土でも優‐良‐可と付いていました。」そうなんですか!昔職場の先輩が沖縄に行ったとき本土からはじめて女子大生が来たと歓待してくれたそうです。自分たちは遊びで行ったので恥ずかしかったとか。沖縄の人は本土復帰を切望していたので。

hitomi5235

2019/07/21 09:27 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

Jedentag≒Sonntag(毎日≒日曜)

Bohken-Dankichi

Author:Bohken-Dankichi
Sarajevoに知合いを訪ねました。背景画像は彼がSecond HouseでBBQをやってくれた時に参加した美女達です。
DeutschlandのMärchenstraßeを旅している時(10年ぐらい前)のDB内の写真です。多分Sommerkurs(Summer Course)かSommercamp(Summer Camp)へ出かける途中だったのでしょう。とても可愛い中学生(Mittelschüle)達でした。