音楽朗読劇『ヘブンズ・レコード』~青春篇…有楽町よみうりHall


1995年1・17神戸・淡路大震災から5年……被災地が舞台の音楽朗読劇でした。
あれから大きな災害がこの自然変動激しい列島に何回起こったのでしょうか!
Trumpetの権力者安倍は使いもしない米国兵器に原発に土木工事に海外援助に、湯水のごとく税金を無駄使いしています。
災害に対する備え、社会福祉のための予算は縮むばかりです。
国土改造ではなくて、国土災害防止改造が優先されなくてはならないのですが…。
新しいLinear Motor CarやTokyo Olympics 施設のようなものを造り出すのではなくて、国道・高速道路・橋梁等の補修工事に全力でやるべきではないでしょうか。
Typhoonがやってきたら、次々に電信柱が倒れるような配電網をどうして建設したのでしょうか?
原発の津波対策が十分でなかったのはその極端な例で、ただ利益を生み出すための手段でしかなかったのです。
建設費が高くなっても水道やGasや電気施設は地下埋設にしないのでしょうか?
結局は強靭な施設を作り上げることが経済的にもよほど効率が良いはずです。
自然Energyを利用した狭い範囲内の電力計画をしていたら(電力の地産地消)、千葉の災害のようにならなかったはずです。
阪神淡路大震災・東北大震災&原発大事故から何も学んでいません。
立憲民主党の枝野はその渦中の中心にいたはずです。
少なからず東京電力を解体すべきでした。

そんな憤りを持ちながら、”Heavens Record”を鑑賞しました。

IMG_20190913_175404 (2)

私はこの震災の日Skiingに行くために、信越自動車の上をDriving中でした。
全く地震振動を感じませんでした。

IMG_20190913_202035 (2)

IMG_20190913_180147 (3)

そういう叫びが”Heavens Record"らはほとんど聞こえてこないことは、残念でした!
まあ私の思いとはかなり食い違いを起こしていました。

    【あらすじ】
001 (2)

歌がしみいるような音楽朗読劇でした! 見ごたえ聴きごたえはありました。
学生達が中心だそうですが、みなStyleすごく良い子ばかりでした。
ただ絶叫的の朗読を行うセリフには違和感がありました。
私だけでしょうか、違和感を持つのは…。
日本昔話の常田富士男や市原悦子だったら、どう表現するでしょうか?
堀北真希や木村拓哉等が朗読指導を受けた演劇倶楽部『座』を主宰する壌晴彦は何というでしょうか?

この数年朗読劇の出し物があちこちで開催されているようですね。
1945~1955年の間はRadio放送劇というものが本当に盛んで、『君の名は』等が放送される夜は,銭湯がガラスキでした。

⓷
上記のようなことは必要でしょうが、自営隊あまり頼らず数千人の国土災害救助隊のようなものを創設して、災害から国民を守り、世界の果てまで救助に直ぐに向かえるしたら良いですね。

以上全く私的な勝手な素人的な感想でした。

                              
                                   Das Ende



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
Bohken-Dankichi
Re:朗読劇
朗読劇が流行っていると言うのは私の所感です。
でも私の周りの知合いがよく出かけたり、自分たちが練習して発表会をやっているからそう思ったのです。
演劇やDramaをやる時の基礎ですから、それを重要視している人がたくさんいますよね。
壤さんも標準語(私はこの言葉には懐疑的なのですが)で語りをやるのですが、彼は京都生まれですので、柔らかさが伴うので、とても良い感じなのです。
関東弁ではこうはいきません。
絶叫調のところも金切り声の絶叫にならないのですね。

それにしても関東・東北の太平洋側の海に今度の大洪水で、放射能物質が流され汚染されています。
陸上には土ぼこりの中の汚染物質が舞うことでしょう。
内部被爆の危険性をマスコミは少しも伝えていません。
都合の悪いことは風評被害と片づけます。
進次郎のカッコManは何も指針が出せません。
やはり無能なんですね。

Bohken-Dankichi

2019/10/22 10:57 URL 編集返信

朗読劇
いつもトップページに同じ記事だったので新着記事があるとは、うかつでした。すいません。
朗読劇がはやってるのですか、私も昨夜朗読劇観ました。
絶叫調はちょっとですが。この演目も彼らも知りませんでした。ご紹介ありがとうございます!
本当に国土災害防止改造をケチるから災害が続々と起きます、欠陥オスプレイを買ったり米軍機低空飛行許すから、恐ろしくてなりません。
私もオリンピックどころでないと思います。外国の選手も危険にさらされます真夏にオリンピック戸は。
大災害放置し原発稼働させ東電幹部は無罪!ヒラメ裁判官。世界史に残る悪行です、話し合う人々は皆アベや河村を批判しているのに、票読み取り機もあべの息のかかるムサシだからでしょうか。
昨日死刑囚の絵画展に行ってきました。えん罪であるいは恩赦寸前で死刑執行。権力はどこまでも汚いです。

hitomi5235

2019/10/20 06:01 URL 編集返信

Bohken-Dankichi
Re:感性の若者
今kiyoryさんにレスを書いたのですが、どっかへ行ってしまいました。
遅くなって申し訳ありません。
先週奈良の方に出かけていましたから、遅くなりました。

確かに社会の変革には土壌がなければ先に進むことができませんね。
権力者にとっての変革はかなり簡単です。
この数年の間にずいぶん右傾化が進行して、裁判所等も手が付けれれない権力の犬に成り下がったような気がします。
倭国の進むべき拠り所は自然Energyの推進と大都市人口減少・地方の人口の増加と減災への邁進等に努力しなうと滅亡の危機にあると思うんです。
今香港に起こっていることは決して天安門事件にしてはならないのです。
毛沢東革命は労働者・農民のためにはなりませんでした。
共産党員と上級国民のための国家に成り下がりました。
倭国も上級国民支配を何としてもStopさせなければなりません。
Olimpicsなんて利権とIOCの金銭的堕落と商業主義に陥った時から、既に価値はありませんよね。
古代ギリシャのOlimpiadの腐敗とよく似ています。

Bohken-Dankichi

2019/10/07 22:36 URL 編集返信

感性の若者
朗読劇というのが盛んになっているというの、知りませんでした。
最近の社会を変えていきたいという意識ある学生たちの活動は、自分の頃と違って感性に訴えるものが多いですね。
激しい政権批判や、無謀な革命理論で暴力的に社会をひっくり返してしまえ!っていうのじゃなくて、草の根的であり、人の力を信じる優しいムーブメントを好むような。実はとても現実的で、少しずつでもそちらのほうがより成果を上げられると感じているのかもしれません。
私なんか、オリンピックを開催する前にやることあるだろ!災害対策にお金を使え!みたいになっちゃうけど。

ただし絶叫型の台詞まわし、私も苦手なんです。
激しい感情を表現するときに人の心を動かす言葉って、けっして絶叫ではないと思うんです。

kiyory

2019/09/30 01:33 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

Jedentag≒Sonntag(毎日≒日曜)

Bohken-Dankichi

Author:Bohken-Dankichi
Sarajevoに知合いを訪ねました。背景画像は彼がSecond HouseでBBQをやってくれた時に参加した美女達です。
DeutschlandのMärchenstraßeを旅している時(10年ぐらい前)のDB内の写真です。多分Sommerkurs(Summer Course)かSommercamp(Summer Camp)へ出かける途中だったのでしょう。とても可愛い中学生(Mittelschüle)達でした。